ダーラヘスト

c0203085_013487.jpg

Dalahäst (ダーラヘスト:ダーラナの馬) はスウェーデン・ダーラナ地方の伝統的な木彫りの馬。
素材は主にアカマツで、ベーシックなダーラレッド(元々は銅鉱石の不純物から作られた赤い塗料)の他に白、青、黄、とさまざまな色でペイントされている。
写真はオーソドックスなタイプだが、いくつかの村落では独自の造形や彩色のものも見られ、オリジナルを制作するダーラヘスト作家もいて、写真集などの専門書籍も出版されている。
今やその地方だけでなく、国の民芸文化のシンボリックな存在。お土産や観光ポスターなどでもおなじみなのである。


この夏休み、静岡の西奈生涯学習センターにて、小学生を対象としたダーラヘストづくりの講座を担当いたします。
木工の講座ということで、今回は木を削る実技と木工の技法や道具に関する講義に絞らせていただくため、ペイント作業は含まれていません

また、素材はアカマツではなく、あえて静岡県産ヒノキで作ります。粗方のこぎりで馬の形をで切り出しておきますので、小刀で仕上げる作業をしていただきます。


日時:    平成25年7月30日(火) ・ 8月6日(火) 13:30-15:30 
        全2回
対象者:   小学3~6年生20人
受講料:  1,000円 (材料・道具込)
お申込み: 7月10日(水)午前10時~
       電話で西奈生涯学習センターへお願いします。
by tass-blog | 2013-07-09 01:39 | 木工講座 | Comments(0)
<< 旅する手仕事 北欧編 リジッド織り機で織る、夏のストール >>