昨夏の食器棚

c0203085_673994.jpg

昨夏、東京のお客様宅に収めさせていただいた食器棚。
基本的に一昨年に制作した食器棚の構造を踏襲した框組(かまちぐみ)としながら、発注主のご要望に合わせてサイズや機能を大きく変更した。



c0203085_675446.jpg

上段はガラス引戸で、左右それぞれ二枚ずつ可動棚が収められており、下段は右が開き戸、左がダストボックス用ワゴンになっている。


c0203085_201498.jpg

中段は炊飯器と電子レンジ用収納棚で、普段はなにくわぬ顔をしているが、給仕や掃除の際にはスライドレールによって引き出せる。
炊飯機の蒸気が気になったが、湯気が外に出ない機種とのこと。


c0203085_2013015.jpg

引戸のレールは自慢の木製。適度な隙間の均整美が要。


c0203085_2022977.jpg

下段の扉やワゴンの取っ手は布巾掛けとしても活用できる。

ちなみに主要材はニレ。優しげな色合いにしっとりとした光沢がある。
金具はニレと相性の良いステンレス色に統一し、涼しげな落ち着きをもたせた。
by tass-blog | 2012-03-07 20:02 | プロダクト 家具 | Comments(0)
<< 夜行 風 >>