<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

天板の裏側

c0203085_20505821.jpg

新居が完成したら納品というお約束で、ご注文くださったご家族と同様に、その日を待ちに待っていたのはこのダイニングテーブル
ついに嫁入りとなった。


c0203085_20514274.jpg

ご家族に車椅子の方がいらっしゃるということで、いくつかご要望をいただいていた。
天板の下端までの高さが700mmで、かつ幕板(天板の下で脚同士の上端をつなぎ、天板を支える部材)が車椅子の邪魔にならぬように。

幕板を排除する方策はいくつかあるのだが、外観のすまし顔とは裏腹に、あえて指物的に造形的に面白みを持たせる。


c0203085_20325825.jpg

by tass-blog | 2011-06-27 20:31 | 家具 | Comments(0)

nid

c0203085_224079.jpg

nid 』 vol.20 (2011/Summer ・ 6月20日発売)で、スウェディッシュレースのストールを紹介して頂きました。

c0203085_2234988.jpg

小さいのに細部が意外と見えて嬉しいです☆
by tass-blog | 2011-06-21 22:14 | テキスタイル | Comments(0)

sahanji+展 @ 木テーブル・アトリエ

c0203085_17114339.jpg
大阪の木テーブルさんで開かれる「 s a h a n j i + 展 」に、
tass のスウェディッシュレースのストールも駆けつけ参加させていただくことになりました。
レース織と平織がおりなす模様が魅力的な、綿麻のストールです。
お近くにお越しの際は、是非見に来ていただけると嬉しいです☆


6/18(土) → 7/3(日)迄。
会期中の休業日 22日(水)・29日(水)
13:00 - 18:00


木テーブル・アトリエ
〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-8-9
上七ビル2F8号室
tel. 06-6766-8766


sahanji+ サハンジプラス
OPEN 12:00-18:00
〒424-0851
静岡市清水区堂林2-9-5
tel/fax 054-353-1155
by tass-blog | 2011-06-16 17:21 | Comments(0)

框(かまち)

c0203085_2214371.jpg

大ぶりの収納家具を、それも框組(かまちぐみ)で作ったりすると、部材の数はそれ相応になる。
この食器戸棚は、あらかた基礎的な構造ではあるものの、框材の幅にいくつかの変化を持たせていることにより、造形的な停滞感を排除している。
by tass-blog | 2011-06-14 22:13 | 家具 | Comments(0)

ランチョンマットの遠景

6月の ”いち日”ており講座 、ランチョンマットの遠景です。

c0203085_1857529.jpg

がちょうの目


c0203085_18571334.jpg

ヘリンボーン


ランチョンマットを単体で見るともう少し細長い方がいいかな?と思うのですが、こうして器を並べて見ると、やっぱりしっくりくるものですね。しっかりとした上質な質感があります。
by tass-blog | 2011-06-13 19:00 | テキスタイル | Comments(0)

6月の”月いち”ており講座

c0203085_8382266.jpg

全体像は後日アップしますが、
6月の”月いち”ており講座は、ランチョンマットです。

経糸: 麻  60%  綿 40%
緯糸: 綿 100%

技法: ヘリンボーン
このコントラストだとモアレ現象で目が疲れてしまうかもしれないので、
後日もう少し明度差が少ない色のサンプルを織ってみますね。


c0203085_2115126.jpg


技法: がちょうの目
初回の方には難しいかと思いますが、何度かいらしている方はがちょうの目を織られてみてはいかがでしょうか?民族チックで可愛いです☆


定員:    1日につき1名様のみ
時間:    9時ー16時頃
受講料:   8500円 + 材料費 500円/1枚

サイズ:   34cm×45cm のランチョンマットを1~2枚
カラー:    5~6色の中からお選びください。

お申込み:  054-345-4232 または、 teorikoza@tassen.jp
        御都合のよろしい日をお知らせ下さい。
by tass-blog | 2011-06-09 08:43 | テキスタイル | Comments(0)

歪(いびつ)

c0203085_2039559.jpg

肩の力を抜いた匙加減で生じた不均整に、しばしば心を惹きつけられる。
そのちいさな隙間に愛嬌やらユーモアやらが潜むことができる。
人にしたって、少々いびつなくらいの方が(造形的にも人格的にも)魅力的だったりする。

ひとりの恩師が仰っていた。
その歪さが美しいかどうか。
by tass-blog | 2011-06-08 20:45 | | Comments(0)

ひとまず

c0203085_23313211.jpg

数多の枘(ホゾ)を積み重ね、ひとまず試しに組んでみて、あらわになった食器戸棚の骨格。
ここから完成までの道のりは決して短くはないけど、雲間から山頂が見えた気分。
by tass-blog | 2011-06-05 00:09 | 家具 | Comments(0)