<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

りんごろうそく


c0203085_21405166.jpg

シュタイナー幼児教育の会と親子教室共同での、暖かで親密なアドベントを体験する。
いつもは恥ずかしがり屋で決してママから離れない小さな子供たちが、手のひらにりんごを乗せてもらうのを待っている時間、無意識に手が「リンゴ蝋燭を持つ手」の形になって胸まで上がってきてしまうのを見た。

美しい心のこもった時間を、ありがとうございました。


by tass-blog | 2009-11-30 21:50 | 日々 | Comments(0)

クリスマスのマフラー


c0203085_1134571.jpg

    小さめのマフラー2色、織り上がりました。
    本日納品させていただきます。

    素材: ウール 100%
    技法: 平織
    サイズ: 約 16cm×155cm

    お取扱店
    Bloom 愛知県刈谷市
    NATUR 長野県軽井沢町
    sahanji+ 静岡県静岡市


by tass-blog | 2009-11-29 12:10 | テキスタイル | Comments(0)

サンタクロース


c0203085_21172838.jpg


帰国直前にお世話になった人になぜか頂いてしまったサンタクロース。
2歳児位の身長で、微妙だけれど、異国の風情はある。


by tass-blog | 2009-11-27 21:26 | 日々 | Comments(0)


sahanji+さんにご連絡いただいて、夢で1度会ったことがある織物作家の中島寛子さんと始めての現実での出会い。大人になってから出会う気の合う人達との巡り合いは希少なもので、大切な時間になった。今まで歩いてきた道について、これから歩いてゆく道について。


上の写真は赤と生成のマフラー
下の写真は生成と赤のマフラー
c0203085_21134451.jpg

c0203085_21141480.jpg

両方同じたて糸で、よこ糸だけが違うのに、こんなに違う。
織物をやっていて、こういう事が妙に楽しい。


by tass-blog | 2009-11-25 21:14 | テキスタイル | Comments(0)

赤い格子のマフラー


クリスマスプレゼントにいいかも・・と、赤と生成の格子模様。普段経糸(たていと)を張る時には気分もきりりと張り詰めているので写真を撮り忘れることが多いのだけれど、今回は頑張ってみた。でもいつもの目線に近寄りすぎて、何をどう行っているのかよく分からないような気がするけれど、雰囲気だけでも伝わりますように。

c0203085_20235815.jpg

昨日整経(せいけい)した経糸を、織機の後ろの棒に均一に巻きつける。今回は初めて子供達が滑車を巻くのを手伝ってくれてじーんとした。


c0203085_20222555.jpg

4枚の綜絖(そうこう)に糸を順番に通す。


c0203085_2024717.jpg

筬(おさ)に糸を順番に通す。黒いネッシーは"筬通し"


c0203085_20231260.jpg

経糸のはしを織機の前の棒に結ぶとピンと張ってこんな状態に。


c0203085_20232586.jpg

織るとこんな感じに。


by tass-blog | 2009-11-23 20:24 | テキスタイル | Comments(0)

ウールのたて糸

c0203085_20144794.jpg

裂織りのための綿糸の経糸は普通1回に20m~25mくらい作る。
今日の経糸は15m。マフラーは去年から制作しはじめたので、ウールの中では今までで一番い。長いけどウールは伸びるし縮むから、扱いやすくて楽しく作れた。


c0203085_20131820.jpg

こんなに入り混じっているのに全ての糸がきちんと並んで絶対に絡まないから不思議。この方法を編み出した人は本当に偉いと毎回思う。


今からロード・オブ・ザ・リングを観る。4時間10分、起きていられるだろうか?


by tass-blog | 2009-11-22 20:27 | テキスタイル | Comments(0)

七五三詣

c0203085_21202863.jpg

七五三で浅間神社へ。お宮参り・三歳とも日本にいなかったので、念願だった初めての御祈祷をしてもらってホッとする。
興味津津でありながらケロッと御祈祷を聞いていたら、神主さんが「いわいご」という言葉を使われて、突如として涙腺が緩んだ。


by tass-blog | 2009-11-21 21:47 | 日々 | Comments(0)

冬の夜


c0203085_2147138.jpg

クリスマスを意識し始めるこの時季、じわじわとスウェーデンへの憧憬の念が高まってくる。
もちろん、蒸し風呂のような日本の夏にかの地のさわやかな緑の風を渇望するのも常だが、冬こそは北国の長い夜のつつましい美しさに思いをはせる。


妻が少しずつウールのマットのバリエーションを確かめている。
冬の夜に光る雪花のような紺と生成のポットマット。
これもまた冬のテーブルに。
c0203085_21472662.jpg


夕暮れ、藤枝にてHAND WORKS FACTORY という家具工房をご夫婦で営んでいらっしゃる久留聡氏が立ち寄って下さった。
tassのささやかな木工房と織部屋を見てただいて、おでんをつまみにしばらく歓談した。
地域の文化と産業を盛りたてる構想を情熱的に語る彼の姿に、たっぷりと活力を分けていただいた。


by tass-blog | 2009-11-20 22:49 | テキスタイル | Comments(0)

新型インフルエンザのワクチン


c0203085_20111123.jpg

この2週間ほど子供たちが順番に高熱を出し、毎回「今度こそインフルエンザかも!」ということで慌ただしい日々が続いていてきたけれど、未だかかっていない。

3度目のインフルエンザ疑惑でかかりつけの小児科に朝10時過ぎに行くと、エントランス前に長蛇の列ができていた。聞けば新型インフルエンザワクチンの予約がその日から始まったらしい。先生に「陰性です」と言われてホッとして、薬を貰ってから慌ててワクチン受付のテーブルに行くと、すでに414番&415番だった。


by tass-blog | 2009-11-19 20:46 | 日々 | Comments(0)

ウールのポットマット

c0203085_1942691.jpg

昨年秋に CINQ さんではじめたローセンゴンのウールのポットマット(鍋敷き)。CINQ さんではグレーのみの取り扱いで、他の色も織ってみたいと思いつつ、今まで時間がとれなかった。小さなポットマットなら色々試せるんじゃないかと思い、思考錯誤中。

まず初めのチョコレート色はいい感じに織り上がり、暖かな冬の食卓に似合いそうで気に入っている。
まもなく sahanji+ さんにお嫁入り予定です。


by tass-blog | 2009-11-17 19:15 | テキスタイル | Comments(0)