カテゴリ:家具

  • ナラの小ぶりな引戸棚
    [ 2014-07-14 20:23 ]
  • 緊張の接着
    [ 2014-07-01 22:46 ]
  • お披露目
    [ 2014-06-10 08:23 ]
  • 清水アート・クラフトフェア、終了しました
    [ 2014-04-21 08:31 ]
  • クラフトフェア
    [ 2014-04-19 04:46 ]
  • 背の張り
    [ 2014-04-16 21:45 ]
  • 背編み
    [ 2014-04-09 17:05 ]
  • 複製
    [ 2014-03-14 21:39 ]
  • 新居
    [ 2014-01-21 22:11 ]
  • 現役続行
    [ 2013-12-04 06:34 ]

ナラの小ぶりな引戸棚


ナラの柾目材で作った引戸棚。



上下段で奥行きが違います。







こだわりの真面目な引き手。



可動棚の反り止めは、板より厚いものを蟻形で接合してあります。



下段は中央に間仕切りがあって、左右それぞれに可動棚がついています。



背面も真面目。



だけど愛嬌のあるずんぐりとした短足なのです。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tass-blog | 2014-07-14 20:23 | 家具

緊張の接着


久々に生真面目な収納家具の制作。
無垢のナラの板材同士の接合は「蟻形追入れ接ぎ」。
この距離に蟻ミゾを通して、蟻ホゾをすーっと嵌め込むのは、とても緊張する作業となります。
無駄に汗が増します。


本体が組みあがったので、扉の加工に取り掛かります。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

by tass-blog | 2014-07-01 22:46 | 家具

お披露目


tass として初めての本格的なダイニングチェア。
主材はチェリー、座は象牙色の牛本革。







大きめの背もたれは水平方向に湾曲すると同時に、垂直方向にも「く」の字に曲がっています。
人体の気配を感じさせる形です。




















にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

by tass-blog | 2014-06-10 08:23 | 家具

清水アート・クラフトフェア、終了しました


清水アート・クラフトフェア 無事終了しました。
ご来場下さった皆様、どうもありがとうございました!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tass-blog | 2014-04-21 08:31 | 家具

クラフトフェア



tass 遠藤能範 (家具・木工)
清水駅アート・クラフトフェア 160番(東口広場)に出展しています。

今日 4月19日(土) 晴れ  曇り
明日 4月20日(日) 曇り


JR清水駅みなと口  10時 - 16時
全180工房の大きなクラフトフェアです。
よろしければお立ち寄り下さい。

寒いですので温かくしてお越しください






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tass-blog | 2014-04-19 04:46 | 家具

背の張り


ペーパーコードで背もたれを編む

織りなされた曲面がいいです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tass-blog | 2014-04-16 21:45 | 家具

背編み


苦戦していた修正加工・塗装をすべて終え、背もたれをペーパーコードで編んでいます。大きく湾曲しているので難しいですが、できあがった曲面はきっとよいと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tass-blog | 2014-04-09 17:05 | 家具

複製


破損した椅子の座枠の複製の仕事。



オリジナルの本体はロースウッドの成型合板だが、破損した部材は組立時はほとんど布に隠れてしまうので着色したブナの成型合板。
ノックダウン(組立)式なので、ダボ穴の他に組立金具を仕込む穴もあって、木材への負担はなお大きい。
積層して接着した木材がバウムクーヘンを剥がしたように壊れている。



複製部材は無垢材で、なるべく柾目(年輪が垂直)になるように作った。
ローズウッドの代替材としてウォールナットを使用。



塗装したら色味がより近くなると思う。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tass-blog | 2014-03-14 21:39 | 家具

新居



以前、ダイニングテーブルBJUDA を納めさせていただいたお宅が、新築のお住まいに引越しされました。
その際、天板の角をへこませてしまったとのことで、修復に行って参りました。




修理やメンテナンスのためにお伺いすると、お使いいただいている様子を拝見できて、励みになります。




お家の設計士さんにも、このテーブルが十分に活用できることを前提にダイニングスペースを考えていただいたとのこと。
道理でしっくりとおさまっているわけです。

末長く、お使いいただけますことを願っています。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
by tass-blog | 2014-01-21 22:11 | 家具

現役続行


5脚張り終えて、おかえししました。




30年ほど前にフランスのデンマーク家具専門店にて見つけられて、ご帰国後日本にて座の張替えを一度、本体の接合部の修理を一度、経験されたとのこと。
部分的に解体できるところは再接着して、うち3脚は破損が激しかったので新たに部材を作りなおしました。




文字通り要である接合部の劣化が不安だったので、やむを得ずL字金具で補強。




オリジナルを再現することも大切だと思いますが、少しでも長く使っていただく事を考え、袋編み(裏面も編むこと)でさらに強度を高めました。
座面にかかるテンションを上下2面に分散することができます。



木部の傷や汚れは家族の歴史でもあります。必要以上に手を入れないでほしいとのご要望もありましたので、その風格はそのままに。



参考までに、修理前のお写真も。






by tass-blog | 2013-12-04 06:34 | 家具