2009年 09月 28日 ( 1 )

もみの木マット

c0203085_20232938.jpg

ローセンゴンという技法がある。足元の踏木を踏む順番と手に持った糸の色を工夫して色々な模様を描き出す技法なのだけれど、ウールのマットの花柄はこの技法で描き出している。

今日、深緑と濃いベージュのローセンゴンの裂織りマットを織りあげた。「T」マークを模様にしたこのマットを織っていたら「もみの木」を思い出した。たて糸がチラチラと隙間から見えて、草の感じがリアルにするし、濃いベージュの「T」マークは金色に光って見えて、「もみの木」に飾ったわら細工のようで何だかいいなぁと思った。


by tass-blog | 2009-09-28 20:39 | テキスタイル | Comments(0)