小山泰之展


c0203085_21324150.jpg

ついに、小山くんの展覧会を目の当たりにすることができた。
これまで工房やご自宅ではその作品のいくつかを拝見していたものの、やはりこの空間に身を置くことはかねてからの念願であった。

アルミという素材を共通項としたメタルワークとジュエリーワーク。
彼の作品は様々な要素の対照を内包していて、そのバランスが緊張感と安定感を醸しているのではないだろうか。
伝統と革新、原始性と未来性、薄さと深み、硬さと脆さ、そしてそれらを裏打ちする斬新な発想と確かな工芸技能。

できればそれを手に取り、その手触りと重さ(軽さ)を体感されるとなお味わい深い。

c0203085_2134728.jpg

c0203085_20422573.jpg

c0203085_2022732.jpg


小山泰之展 
METAL WORKS / JEWELRY WORKS

RYU GALLERY
静岡県富士宮市
2010年9月1日(水)~9月12日(日)
am 11:30~pm 6:00


by tass-blog | 2010-09-07 21:36 | 日々 | Comments(0)
<< 夏の終わり 2段ボーダーの裂織りマット >>