アルミの表現


c0203085_2216341.jpg

山梨在住の金属工芸作家小山泰之氏が現在京都市で個展を開いている。
それが何と2つ同時に。
一方はジュエリー、もう一方は花器などのメタルワーク。
彼が専ら素材として用いるアルミを共通項にそれぞれ個性的な表現を見せてくれている。
先だって制作追い込み中の彼を陣中見舞いしたのだが、すでにすごい見ごたえだった。
京都に赴けないことを残念に思う。

ジュエリー展  
コンテンプラリーアートジュエリーGalleryC.A.J.
4月3日(土)17:00より作家自身による作品解説

金工展 
清課堂ギャラリー
4月3日(土)18:00よりギャラリートーク・オープニングパーティー

ちなみにふたつのギャラリーは歩いて行き来できる距離とのこと。


by tass-blog | 2010-04-02 21:10 | 日々 | Comments(0)
<< 大きめのマット book >>