ランドセル


c0203085_18575074.jpg

3月も中旬に入る今、ようやくランドセル選びの大詰めを迎えている。
最初は唯一A4ファイルが曲がらずに入ると噂の「あんふぁんとコクヨのコラボランドセル」に着地する風向きだったのだけれど、安全ナスカンとか、天使のはねとか、クラリーノFXとか、テクラスとか、コードバンとか、、
色々見ているうちに、「工房系のランドセル」というのを発見してしまった。

何となく聞き覚えがあった「ぴかちゃんランドセル」の池田屋は静岡市清水区が発祥の地らしく、地元意識と近さゆえの安心感を考えればぴかちゃん。何よりきめ細やかに考えられた独創的な機能性にも共感する。しかし、奈良の鞄工房山本も魅力的だ。より鞄としての趣を感じさせる。山本のコバ塗りとか池田屋のギボシベルトとか、、すごい世界が買えなくはない価格帯の中でひしめいている。

完全防水のランドセルには確かに魅かれるけれど、日ごろ「お手入れには少々気を使いますが、木の風合いを生かすオイル塗装がお勧めです」と言っている私たちが、手入れが大変だからと革の素材感を重視しなくてよいのだろうか。
どうしよう・・


by tass-blog | 2010-03-10 19:18 | 日々 | Comments(0)
<< 申告準備 試作 >>