ヴァルドルフ人形


c0203085_20282317.jpg

従姉妹が主催する「シュタイナー幼児教育の会」が毎月1回あって、日本に帰国して以来3年ほど参加している。日々の生活は仕事に追われて子供との時間も慌ただしく流しているけれど、研究会に出た後は、気持ちが楽になるのと同時に引き締まる。

これは、その会でみんなで作った初めてのヴァルドルフ人形。赤毛の子は従姉妹に作ってもらって、金髪の子は私が作ったのだけど、中身を詰めすぎてパンパン(゚Д゚;)
中は布団屋さんから譲り受けた綿で手も足も全て手縫いしてあるし、髪の毛も1本1本しばって生やしたのだけれど、これが意外と夢中になってしまう魅惑の作業。

◆ 毎月第3金曜日 10時~12時に静岡市駿河区の「あざれあ」にて勉強会がありますので(子供連れ可)、ご興味のある方はtass・遠藤までご連絡ください。後日親子教室の紹介も別途させていただきます。


by tass-blog | 2009-09-30 20:32 | 日々 | Comments(0)
<< 合宿 アイロンがけ >>